起こし料金の基本は1分250円(税抜)です。
ただし、納期・分量・起こし方・音の良否・話の専門性などで作業時間や労力が変わり、それに伴って料金は若干上下しますが、『料金表』にのっとって杓子定規にではなく、できる限りお客さまのご希望に沿うべく柔軟な対応をさせていただいております。このことも大手さんにはまねできない個人事務所ゆえの長所だと思っております。何なりとご希望をお聞かせください。

プライバシーマークがあるからといって100%秘密保持が保証されるわけではありません。私たちは機密性の高いクローズドな事務所において、限られた専属クライアントに特化して集中作業を行います。 つまり、仕事を外注者に流すこともありませんし、一つの音声データを分割したり統合したりする必要もありませんので、受け渡しの過程で情報が外部に漏れる心配は一切ありません。極めて機密漏えいのリスクが少ない環境で作業をしております。また、パソコンやアプリケーションソフト・通信環境へのセキュリティー対策も万全です。安心してご依頼ください。

私たちはご依頼いただいたお客さまに対して、納品が完了するまで専属体制でお付き合いするのがモットーです。大手さんは、案件によっては複数の起し手に作業を分担するケースもありますが、私たちにとってのお客さまは「大勢の中の一クライアント」ではなく、あくまでもマンツーマンで対応する特別なクライアントなのです。それが精度を保つ秘訣でもあります。
また、よい原稿にするために、お客さまとのコミュニケーションを密に取りながら進めていけるのも、専属体制ならではのメリットです。

「起こし屋本舗」のもう一つの強みは、起こした原稿からさまざまなアウトプットが可能であること。
持ち前の校正・編集力を生かして「要約(サマリー)作成」や「資料作成」「書籍作成」はお手のもの。さらにデザイン力も付加して「プレゼンテーション資料の作成」「WEB制作」などのお手伝いも可能です。
もともと「音声」だったものを「文字」にし、それを連ねて「文章」にするだけでなく、「文章」に「デザイン」をまとわせることによって、さらに訴求力のあるビジネスツールに変身させるわけです。料金等はご相談に応じます。お尋ねください。

ベテランの「テープ起こし職人」と
実績のある「原稿校正職人」が、
満を持して最強のタッグを組みました。

下請けを長くやってきて分かったことは、
大手さんにはかなわない領域もあれば、
私たちにしかできない役割もあるということ。
前者は受注キャパとプライバシーマークであり、
後者は原稿精度とこまやかでしなやかな対応です。
「起こし屋本舗」は後者で勝負します。

主人公はあくまでも声の主。
しゃべり手の個性や話の特性を生かしつつ、
正しく、読みやすく、美しい原稿に仕立て上げ、
「素晴らしい原稿だった」と褒めていただくのが
私たち黒子の使命であり矜持です。

夫婦2名体制ですので
一度にたくさんの仕事はこなせませんが、
一音一声、一字一句に真心込めて起こします。
守秘は職業人として言わずもがなのルールです。

私たちの職人技をご堪能ください。
必ずやご満足いただけるはずです。

(お問い合わせ) info@okoshiyahonpo.info